交通事故で腰痛が残った場合は弁護士へ相談を

車が足代わりになっている現代社会においては、
交通事故は避けて通れない問題となっています。
交通事故で被害者となった場合、対応をうまくやって
いかないことには、相手側の保険会社の術中に
はまってしまうことが少なくありません。

丸め込まれる

できれば、まずは、弁護士に相談に乗ってもらうのが一番です。
保険会社は、違法にならない範囲で、可能な限り定額での
賠償金提示を行ってくるものです。

保険会社にとっては、自社のコストを抑えるために、少しでも
安い賠償金で決着をつけることが大事だからなのです。
また、事故処理というのは、専門外の人にはわかりにくい
要素が強過ぎて、損害というものの概念についても
極めて曖昧なのが実際です。

難しい

ですから、損害賠償を低く抑えても、違法性を立証することが
難しいのも事実なのです。

裁判所としても、よほどの低額でない限り、自由な金額での
示談を有効としているほどです。
もし交通事故で腰痛が残っているという場合、速やかに
弁護士に相談することが大切です。