交通事故の示談交渉は専門家である弁護士へ

交通事故で被害者になってしまうと、怪我をしたり休業で
収入減、持ち物が壊れる、精神的なダメージといろいろな
損害を被ります。

その損害について、交通事故の被害者は相手に損害賠償請求
できます。

交通事故を警察に届け出ると実況見分があり、そこで
事件性がないとされれば解決については当事者どうしに
託されます。

事故の危険

そして、和解のために損害賠償の内容や金額を加害者と
被害者で話し合うのが示談交渉です。

示談交渉は交通事故の当事者どうしの話し合いですが、
加害者側からは保険会社の担当者が交渉にあたります。

これは、ほぼ全ての自動車保険には加害者になって
しまった場合に備えた示談交渉代行サービスが付いて
いて、加害者はそれを活用するからです。

示談交渉では、加害者が被害者にいくら支払うかに
ついて治療費や休業補償、物損関連の費用、慰謝料
といろいろな項目ごとに話し合いをします。

相談する

ここで、相手の保険会社は、加害者が被害者に
支払う賠償金を代わって支払う立場です。

そのため、できるだけ安い賠償金で示談成立に
持ち込む傾向があるので注意を要します。

また保険会社は示談交渉の専門家でもあるので、
被害者に知識がないと保険会社ペースで交渉が
進みがちです。

保険会社が提示する安い示談金で合意してしまうと
被害者としては損ですから、示談交渉を進めるに
あたっては弁護士に相談をしてサポートして
もらうのが一番いい方法です。

法律の専門家である弁護士が被害者の味方に
なっていれば、加害者側の保険会社としては
無理な金額で交渉を進めることはできなくなります。

交通事故に遭ってしまったら、すぐに弁護士に
相談しておけば、後で請求できる賠償金額を
左右する過失割合の決定についても弁護士から
アドバイスがもらえて安心です。