交通事故の違反点数は軽減できる!

交通事故や交通違反は、一度警察に点数を決められてしまうと、
必ずその点数通りの処分を課せられてしまうと思うかもしれません。

点数によっては免許の取り消しや免許停止などの処分を課せられるため、
日常生活に支障を及ぼす場合もあるでしょう。

生活に支障が出る

しかし、交通事故や交通違反などに対する違反の点数は、
処分を受ける方の色々な事情や意見を主張することで
軽減する可能性があります。

ただ「事情や意見を主張する」と言っても、提出書類なども
用意する必要があるので、一般の方にはどうしたら良いのか
わからない場合も多いでしょう。

また、法令や判例について理解することなく、やみくもに
自分の正当性を主張したところで意見が通らない場合もあります。

そのような場合には、弁護士に処分の軽減について相談するのがおすすめです。

あらかじめ相談することで、それぞれの交通事故や違反に
即した方法で、軽減のための書類作成や法律・判例を踏まえた
論理的な主張の方法などを教えてもらうことができます。

特に免許の停止90日以上の処分を課せられている場合には、
意見の聴取が行われるため軽減の対象になる可能性も高まります。

交通事故や交通違反などで処分を課せられる可能性がある場合には、
処分軽減のための行動を起こしてみるのもおすすめです。

行動に起こす

処分の軽減はどのように行われる?

「処分の軽減」と言っても経験がない場合には一体どのような行動を
取ったら良いかわからない場合がほとんどでしょう。

具体的には、交通事故や交通違反後に行われる「意見の聴取」の場で
自分自身に有利な主張を述べたり、軽減に必要な資料を提出することが必要となります。

そこでやみくもに自分自身の正統性のみを主張するだけでは、
処分は変わらない可能性が高いでしょう。

しかし、意見聴取が行われた際に、違反点数を減らすのに
ふさわしい事情が認められた場合には、処分が軽くなる可能性も
高まっていきます。

ただし、聴取の場における主張の仕方や提出書類の内容に関しては、
押さえるべきポイントを抑えておくことが不可欠です。

そのため、弁護士に相談することで、どのようなポイントが
どのように影響するかを事前に把握しておくことができ、
聴取の際にも適切な行動をとれるようになります。

また、必要があれば意見の聴取に関しては、弁護士に同行を依頼することも可能です。

それ以外にも自分自身で作成した書類の添削を依頼したり、
電話相談だけを利用することもできます。

処分の軽減を受けたいと考えているのであれば、
まずは相談をしてみるのもおすすめです。