交通事故の治療期間についての弁護士の解釈とは

交通事故が発生した場合、その事故の加害者は被害者に対して
治療費、通院にかかる交通費、また事故が原因となる
怪我による休業については、休業補償を支払うのが
一般的な慣習になっています。よく見て

しかしながら、交通事故による治療費などに
関しては、ほとんどの場合一定の期間が
経過した後に保険金の支払いがストップして
しまうことになります。

これ以上治療を続けたとしても症状の改善が見込めない
という場合には、症状が固定されたという判断となり
保険金の支払いが停止されてしまうのです。

たしかに、治療後に後遺障害が残ったというケースでは
その後遺障害に対して補償がなされることになりますが、
一定の期間が経過してもなお治療が必要な後遺障害
以外の怪我の場合には、加害者側から治療費が
支払われなくなってしまうのです。

事務所にただし、一定の期間が経過した後であっても
弁護士を介して加害者側と交渉をすることに
よって治療費などが支払われる
ケースも少なくはありません。

交通事故による怪我の治療期間についての
解釈は保険会社、弁護士のそれぞれ
異なってくるので、まずは時間をかけて
加害者側と交渉を行っていくことが大事になってきます。