交通事故での弁護士の相場は?

見下ろす交通事故の弁護士への依頼は
着手金という最初にかかる費用を
支払うことで契約が成立します。

その着手金の相場は20万円程度です。

賠償金はアップ分10%、相談料は30分5,000円です。

着手金は弁護活動に使用する経費なので
最初に払った20万円がなくなれば、切手代や
交通費など、その都度支払わなければなりません。

そのため、トータルで計算すると一般的な交通事故の
弁護士費用は100万円を超えてしまいます。

最近は相談料や着手金が無料で
報酬アップ分20%というのがあります。

こちらは着手金や相談料がかからない分、依頼者にとって
お得な印象を受けますが、成功報酬として10%上乗せ
されているため、トータルでの支払いは一般的な弁護士費用よりも
少し割高になってしまいます。

のぼりつめるしかし、依頼者にとっては報酬が入ってからの
支払いになるため、成功するかしないか
わからない段階で支払いが発生するよりも
安心して弁護士に依頼することができます。

交通事故での弁護士への委任状について

もしも自分自身が交通事故の当事者になってしまった場合には
弁護士に交渉などを依頼する事になります。

これには様々な理由がありますが、その際には必ずさわって
委任状を渡す必要があります。

その理由としては、基本的に交通事故を
起こした場合には、当事者の代わりに
弁護士や保険会社の担当者が
交渉する事が多いからになります。

また当事者が保険会社の担当者と交渉した場合には
当事者が不利になる事が非常に多いとされています。

これは知識や経験の差によるもので、普通の人は弁護士に
交渉をしてもらう事が推奨されています。

ただしこの時に重要なポイントになるのが、委任状の有無になります。
仮に交渉を任せようとしても、委任されていない場合には
弁護士としての効力を発揮できません。困った時は

基本的に第三者や相談相手と言った
扱いになりますので、交渉などを担当する
事ができずに二度手間になったり、不利な
条件で和解させられたりする可能性が
高くなるとされています。