交通事故での弁護士への委任状について

もしも自分自身が交通事故の当事者になってしまった場合には
弁護士に交渉などを依頼する事になります。

これには様々な理由がありますが、その際には必ずさわって
委任状を渡す必要があります。

その理由としては、基本的に交通事故を
起こした場合には、当事者の代わりに
弁護士や保険会社の担当者が
交渉する事が多いからになります。

また当事者が保険会社の担当者と交渉した場合には
当事者が不利になる事が非常に多いとされています。

これは知識や経験の差によるもので、普通の人は弁護士に
交渉をしてもらう事が推奨されています。

ただしこの時に重要なポイントになるのが、委任状の有無になります。
仮に交渉を任せようとしても、委任されていない場合には
弁護士としての効力を発揮できません。困った時は

基本的に第三者や相談相手と言った
扱いになりますので、交渉などを担当する
事ができずに二度手間になったり、不利な
条件で和解させられたりする可能性が
高くなるとされています。